スタッフブログ

STAFF BLOG

PHP
スタッフブログ

今治の工務店 PHP誌 医療・小中学校施設様寄贈

重松建設は、今治地区の医療・小中学校施設に毎月100冊

PHP誌を寄贈してます。

 

PHP誌を通じて、読んでいただける方の心の支えになればと願ってます。

私は毎月PHP誌を読んで、心の支えにさせてもらってます。

PHPさん、毎月ありがとうございます。

2024年01月31日社長のひとり言| 投稿者:重松 宗孝重松 宗孝

今治の工務店 周南市回天記念館見学

全国PHP友の会 中四国エリア交流会in山口の次の日

周南市回天記念館を見学しました。

※回天記念館は、太平洋戦争末期に開発、使用された人間魚雷「回天」の搭乗員の

遺書・遺品、関係資料を展示してます。

 

10月15日日曜日午前9時30分、徳山港より大津島へ出発

9時48分大津島着

回天記念館着。回天一型レプリカが展示されてました。

 

回天碑の前で記念撮影

 

入口から回天記念館までの通路に搭乗員や整備員の名前が刻まれた銘碑の中に

愛媛県出身の重松正市氏の名前がありました。

※伊368潜(艦長入江三輝少佐)は、昭和20年2月20日午前

回天五基を搭載して大津港を出航し、硫黄島に向かうが、

2月27日硫黄島西方海域で米軍の爆撃により沈没。

その回天の整備員の一人が重松正市兵長です。特攻隊戦没者慰霊顕彰会資料より

 

心よりご冥福をお祈りします。

 

回天訓練基地に行くため、回天運搬用トンネルを通りました。

入口には周南子ども一首がありました。素晴らしい!

 

トンネルを抜けると、明るい光が空を照らしました。

 

 

遠目に見るとこんな感じです。

 

見学に終わりに、

回天神社にもお詣りしました。

 

太平洋戦争末期、「天を回らし、戦局を逆転させる」願いを込めて、

人間魚雷「回天」は誕生しました。大津島から窮地に立つ祖国を守るために

自らの命をかけた20歳前後の若者の後世への想いを語り継ぎてゆきます。

2023年10月24日社長のひとり言| 投稿者:重松 宗孝重松 宗孝

今治の工務店 PHP友の会 中四国エリア交流会in山口

 

8月29日に全国PHP友の会 中四国エリア本部 本部長 岩佐公子様から

アリア交流会in山口のお誘いをお手紙をいただきました。

重松建設が、月刊誌「PHP」を地元の学校、病院に寄贈する運動に協力している

のを知っておられてのお誘いでした。

「はい、喜んで参加させていただきます」とお返事しました。

※PHP友の会とは、「素直な心になりましょう」の趣旨に賛同し、「PHP」誌

の読者が中心となって、学習会、社会貢献活動をおこなっている、会員の自主運営の

任意団体です。

講演会と参加者の交流会かありました。

講演会は中村隆俊氏の「松下幸之助と365日」でした。

「商いの心」を教えていただきました。

 

儲けようとして儲けた人はいるが、儲け続けた人はいない。

儲けが目的でなく、役立つことが目的。

「儲ける」から「儲かる」へ

 

「商いの心」精進して参ります。

岩佐公子様ご案内ありがとうございました。

 

 

 

2023年10月23日社長のひとり言| 投稿者:重松 宗孝重松 宗孝
2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ

ブログ内検索

お気軽にお問い合わせください

営業時間:9:00〜19:00(年中無休)