スタッフブログ

STAFF BLOG

本の紹介
スタッフブログ

『室温を2度上げると健康寿命は4歳のびる』を読んで。

設計室の多田です。

 

7月になりました。四国地方も梅雨明けしましたね。歴代最速の梅雨明けのようですが、水不足にならないか心配です。

 

さて、今回ご紹介する本は笹井恵里子著『室温を2度上げると健康寿命は4歳のびる』です。

あらすじ…「冬の室内温度は18度以上に」。WHOが健康の観点から、このように勧告していることをご存知でしょうか?実はあなたの「健康」は、住環境に大きく影響を受けています。本書は最新のエビデンスをもとに「健康を守る家」「健康寿命をのばす家」について考えてみます。運動や食事だけでは実現できない、新しい健康のあり方を提案します。

 

本書を読んで私が強く感じたのは、断熱性を高めることってこんなにメリットがあるのだということです。

 

断熱性能を表すUA値は、新築住宅の設計をする上で検討すべき項目の一つとなっています。

 

冬は室内の熱は窓から出ていきます。その割合はなんと全体の半分以上である58%です。

 

ということは、窓の断熱性を高めればいいのかというとその通りです。手っ取り早く家の断熱性を上げたければ、窓を高断熱仕様の窓に取り換えればよいのです。

 

高断熱にしたら、夏は暑くなるんじゃないの? と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、夏に窓から熱が入ってくる割合は全体の73%、窓からの熱をシャットアウト出来れば、エアコンの効きも格段に良くなります。

 

私たち人間は、一日の半分以上を家で過ごしています。住環境を整えることは、健康寿命を延ばす上で大きな影響を与えます。なかでも、断熱性を上げることは住環境の向上に大変効果があります。

 

リフォームをお考えの方、断熱性能のことに関しても相談に乗っておりますので、ぜひ当社を宜しくお願い致します。

2022年07月01日本の紹介| 投稿者:重松建設重松建設

『古いのに新しい! リノベーション名建築の旅』を読んで。

設計室の多田です。

 

夏至も過ぎ、これから来る本格的な暑さに少し戦々恐々としています。子供の頃は暑い夏が大好きでしたが、現在は夏の暑さはほどほどにしてもらいたいです。

 

さて、今回ご紹介する本は常松裕介著『古いのに新しい! リノベーション名建築の旅』です。

あらすじ…歴史ある建物ならではの味わい深い佇まい、はっと目を見張るような現代の冴えたデザイン、その背後に眠る土地や建物の記憶。リノベーション建築には、これらの魅力がぎゅっと詰まっている。本書では、日本全国のリノベーション建築から22例を厳選。読んで、旅して、リノベーション建築の真髄を味わえる、日本初のガイドブック!

 

本書は、まだ20代後半の若い著者によって書かれた、リノベーション建築の参考書です。

 

リノベーションと似た言葉にリフォームという言葉がありますが、著者によるとリフォームは間取りの変更のような小規模な改装を意味することが多く、リノベーションは古い建物の魅力を活かしながら、大胆な増改築を加えることのようです。

 

私は耐震改修業務を専門にやっておりますが、同時に耐震改修工事と同時にリフォーム工事を行う住宅も多いです。

 

リノベーション工事と呼べるような大規模改修工事も、現在進行しております。

 

リノベーションの良いところは、本書にも書かれていますが、“古いのに新しい”ところです。

 

建築する側も新築するよりもよりも高度な技術が求められますが、空き家が増えている現代において、リノベーション建築の価値は上がってきているのではないかと思います。

 

当社では、耐震改修工事から派生したリフォーム工事を得意としておりますので、耐震性が心配で、そのついでに家も綺麗にしたいという方、ぜひご相談ください!

2022年06月24日本の紹介| 投稿者:重松建設重松建設

『ぼくらの家。 9つの住宅、9つの物語』を読んで

設計室の多田です。

 

四国も梅雨入りし、本格的な雨のシーズンが始まりました。雨の中の原付通勤は嫌ですが、この梅雨もまた四季の一部として、楽しんでいければなと思います。

 

さて、今回ご紹介する本は光嶋裕介著『ぼくらの家。 9つの住宅、9つの物語』です。

あらすじ…建築家、独立10周年。内田樹氏の自宅兼道場≪凱風館≫で建築家としてデビューした著者は、それからどんな風に家をつくってきたのか。10年間でつくった8つの住宅と、未来の自邸をめぐる物語。

 

本書は、著者がこれまでに建てた家について、どんなふうに作ってきたのか、設計した建築家の想い、その家を建てた建築主の想いを客観的な独自の語りで説明しています。

 

この本を読んで、この著者は本当に建築が好きで真摯に向き合っていて、依頼者に喜んでもらえる家をつくっているのだろうなと感じました。

 

私も喜んでもらえる家づくりをしているつもりですが、この著者のように今まで仕事をしてきた家のことをしっかり自分の口で詳細に話せるかと言われても、話せません。

 

私は元々忘れっぽい性格ですが、仕事に対する気持ちの入り方が、著者程には育っていないのかもしれません。

 

本書の終わりに、「建築家は、医師や弁護士のように依頼者にとって人生の最悪なときに関わるのではなくて、依頼者にとっての人生のハレの舞台に関わるのであり、幸福のおすそ分けをしてもらっている気持ちになります」という風な文言が綴られています。

 

私も、依頼者の人生におけるハレの舞台に共に立たせてもらっていることに感謝しつつ、日々の仕事の糧にしていきたいなと思いました。

2022年06月17日本の紹介| 投稿者:重松建設重松建設

『日本のアール・デコ建築物語』を読んで

設計室の多田です。

 

この前、原付に乗っていたら滑って転げかけたので後輪のタイヤを新調しました。7000円近くしましたが、転んで怪我をするよりかは大分ましです。

 

さて、今回ご紹介する本は吉田鋼市著『日本のアール・デコ建築物語』です。

あらすじ…アール・デコの基盤となった人々と社会の物語。木子七郎、金重業、野田俊彦、阿部美樹志など今まで注目されてこなかった建築家の仕事にスポットをあてる。また浄水場、配水塔などの水道施設や橋など近代を作ってきた土木技術者のデザインとアール・デコの関係をとらえる。

 

本書では、あまり名前が挙がらないニッチな人々の建造物にスポットを当てて、その人々がどのような仕事をしてどんな功績を残したかが書かれています。

 

まず、アール・デコがわからなかったのでネットで検索したのですが、ウィキペディアにはこう書かれていました。

 

『一般にアール・ヌーヴォーの時代に続き、ヨーロッパおよびアメリカ合衆国(ニューヨーク)を中心に1910年代半ばから1930年代にかけて流行、発展した装飾の一傾向。原義は装飾美術。』

 

なるほど、よくわかりません。

 

とりあえず、写真が沢山差し込まれていたのでみましたが、規格化された一様な形ではなく、幾何学模様のような独自の装飾を施した建築物をアール・デコ建築物というのだという理解をしました。

 

アール・デコ建築の一つである愛媛県庁もなるほど個性的で他にはない装飾が施されています。

 

私は芸術肌ではないので、アール・デコ建築はとても真似できなくて読んでいて凄いなと思いました。

2022年06月10日本の紹介| 投稿者:重松建設重松建設

『タワー ランドマークから紐解く地域文化』を読んで

設計室の多田です。

 

6月になりましたね。この時期の原付通勤は、レインコートなしではびしょ濡れになってしまうので忘れないように常に備えとかねば、と思います。

 

さて、今回ご紹介する本は津川康雄著『タワー ランドマークから紐解く地域文化』です。

あらすじ…見上げ・見下ろす情景や人びととのかかわり。

 

本書は、日本のタワーや超高層ビルはいつ・なぜ建てられたのか、誕生の裏側に迫り、それらから見える景色や地域、そして人々との関わりを中心に書かれています。

 

写真やトリビアを交えながら書かれている本書、終始楽しく読ませていただきました。本書に書かれているタワー・超高層ビルは実際に見たことはないものばかりでしたが、そこに行ってきたかのような読後感を味わうことが出来ました。

 

前回読んだ天守もそうですが、このタワー・超高層ビルも街のランドマークとして目に留まることは間違いないでしょう。

 

日本の代表的なタワーの一つである、東京スカイツリーにはいつか行ってみたいなと思いました。

 

近場で楽しむなら、瀬戸大橋タワーやプレイパークゴールドタワーも観てみたいと思いました。

 

今治市で最も高いビルといえば今治国際ホテルですが、瀬戸大橋タワーもプレイパークゴールドタワーもそれよりも30m以上高いというから驚きです。

 

今治国際ホテルも愛媛一の高さを誇っている、素晴らしい超高層ビルですが本書には出てこなかったのは残念です。

 

こうして建築の観点から今治市の建物を振り返ってみると、普段見慣れている建物にもまた新たな発見があって面白いなと思いました。

2022年06月03日本の紹介| 投稿者:重松建設重松建設

『城の化学 個性豊かな天守の「超」技術』を読んで

設計室の多田です。

 

日が長くなりましたね。この時期は、目覚ましを掛けなくても自然と朝早くに目が覚めるので良いです。活動時間も長くなってしまうのですが、睡眠時間はしっかりと取ろうと思います。

 

さて、今回ご紹介する本は萩原さちこ著『城の化学 個性豊かな天守の「超」技術』です。

あらすじ…全国各地で訪れる人々を魅了する日本の城。「城」といって多くの人がまず思い浮かべるのは、高くそびえ、圧倒的な存在感をもつ「天守」です。上下の階を貫く「通し柱」や、あえて古材を再利用する工夫など、さまざまな城造りの技術が見られます。ふたつとして同じものがない天守。国宝に指定されている姫路城、松本城、松江城、彦根城、犬山城を中心に、その構造や素材、装飾を解説していきます。

 

本書では天守について、その歴史や造り方からその発展と美と工夫に至るまで、さまざまな視点から科学的に分析して書かれています。

 

天守は建築上、望楼型天守と層塔型天守という二つの形式があるそうです。

 

望楼型は大きな入母屋造の建物の上に望楼を載せた形式であり、二つの建物が組み合わさったような構造です。

 

これに対して層塔型は五重塔のように各階が積み上がったタワーのような形式です。

 

今治の城といえば藤堂高虎が築いた今治城だと思いますが、層塔型天守の発祥なのだそうです。

 

今治城や松山城には何度か足を運んだことがありますが、情緒に溢れロマンを感じます。

 

城の耐震補強はやったことがありませんが、木造住宅の耐震補強をやっている身としては少し興味があります。

 

こうして毎週建築の本を読んでいるので、城の耐震補強の本でもあれば読んで勉強してみようと思いました。

2022年05月27日本の紹介| 投稿者:重松建設重松建設

『木が創った国 探訪日本人と木の文化史』を読んで

設計室の多田です。

 

今治商店街でやっている土曜夜市が、今年は7月限定で行うというニュースを観ました。新型コロナウイルスは依然収まる気配はありませんが、コロナ前の風景は徐々に戻って来つつあり、ウィズコロナの生活様式が浸透しつつあるのだなと思いました。

 

さて、今回ご紹介する本は中嶋尚志著『木が創った国 探訪日本人と木の文化史』です。

あらすじ…日本人は木と植物で暮らしの文化を創り上げた──世界有数の樹木環境のもと縄文時代に誕生した木の文化は、どのように日本を代表する文化となったのか?

 

本書は、縄文時代~平安時代に創られた木の文化について、中国や韓国などの近隣諸国と絡めながら独自の視点で説明されています。

 

日本は世界でも有数の森林保有率を誇り、木とともに暮らしてきたと本書には書かれています。

 

日本最古の木造建築物、法隆寺の五重塔は今から1300年余り前の飛鳥時代に完成しています。

 

現代の技術をもってしても再現するのは不可能だと言われている法隆寺の五重塔、その時代の大工棟梁の工夫と力量のたまものだと本書では書かれています。

 

思えば、日本人は多くの木に囲まれて暮らしてきたと思います。

 

遥か昔、縄文時代から日本人は木を使って生きてきたのだから、現代でも木造建築の家に住むこと、それはごく当たり前のことかもしれません。

 

このごく当たり前のことが、ごく当たり前でない国も多いことを私たちは良く知っておく必要はあるのかもしれません。

 

木造の家づくりといえば弊社では、シンプルなデザインで機能性のある家、『COZY』の家づくりを進めております。

 

見学会やイベントなどもやっておりますので、家づくりをお考えの皆さま、ぜひ弊社をご検討ください。

2022年05月20日本の紹介| 投稿者:重松建設重松建設

『幸せな名建築たち』を読んで

設計室の多田です。

 

おんまくが3年ぶりに開催されることが決まりましたね。コロナウイルスもどんどんと変異していますが、ウィズコロナで生きていく必要はあるのかもしれませんね。

 

さて、今回ご紹介する本は日本建築学会編『幸せな名建築たち』です。

あらすじ…時間が紡いだ名建築の物語。

 

本書は、42組の名建築たちと、そこに住む・支える人たちが登場します。

 

本書では、一般社団法人日本建築学会が毎月発刊する『建築雑誌』に2014年~2017年の4年間掲載された連載「未来にココがあってほしいから~名建築を支える名オーナーたち~」に登場するインタビュー記事を再構成されて書かれています。

 

個人が所有する建築物が19件、企業・団体が所有する建築物が23件出てきましたが、皆に共通しているのは、「未来にココがあって欲しいから」と心から願っているということです。

 

人間が年を取ってあちこち老化していくのと同じように、名建築たちも老朽化していきます。それを維持管理していくことは並大抵のことでは出来ないと思います。

 

国や市が保有しているのならばまだ維持管理していくのは楽ではないかと思いますが、個人で所有していてその形を維持したまま保有していくのはすごいと思います。

 

私の実家は弊社建築の家で既に25年以上経過していますが、この倍は使えるように大事にしていきたいと思っています。

 

多くの人から愛される名建築たち、弊社の建築も長年愛される家づくりを目標にして頑張っていこうと思います。

2022年05月13日本の紹介| 投稿者:重松建設重松建設

『メディアモンスター 誰が黒川紀章を殺したのか?』を読んで

設計室の多田です。

 

ゴールデンウィーク中は祖父が亡くなって、ばたばたしていました。晩年は病院にずっと居ましたが最後は安らかに逝ったので良かったです。

 

さて、今回ご紹介する本は曲沼美恵著『メディアモンスター 誰が黒川紀章を殺したのか?』です。

あらすじ…カプセルホテル、情報化、ノマド──。天才的自己宣伝と未来予測で昭和を駆け抜けた稀代のメディア・スターKUROKAWA KISHO。その謎にみちた行動の真相に、初めて迫る!

 

本書は、黒川紀章氏の半生とその周りの人々との繋がりを余すところなく書かれたノンフィクション小説です。総ページ数600ページ超と大ボリュームで書かれてあり、ゴールデンウィークのほとんどを使ってしまいました。

 

私が黒川紀章氏を知ったのは東京都知事選挙です。建築家が都知事選になんて出るのだ、当選したら面白そうだなと投票権がないのにそう思っていました。

 

紀章氏の造った中銀カプセルタワービルは私でも知っているくらい有名な建築物ですが、今年から解体も始まるという報道もあり、一時代を創った建築物も時の経過には抗えないのだとしみじみと感じました。

 

紀章氏のことはそんな程度しか知りませんでしたが、本書を読んで紀章氏の人となりがなんとなくわかった気がします。本書を読んで、紀章氏は生まれ持っての天才ではなく、努力によってその才能を磨き上げた人なのだと強く感じました。

 

前回読んだ、森山高至氏の書かれた『非常識な建築業界』には紀章氏は出てこなかったように記憶しているのですが、紀章氏はメディア露出が多く、それ単体での成立を目指す彫刻のような建物を設計する森山氏が言うところの表現建築家としての側面も持ち合わせていたのではないかと思いました。

 

歴史に名を遺した偉大な建築家、KUROKAWA KISHO、その半生を知ることが出来て大変勉強になりました。

2022年05月06日本の紹介| 投稿者:重松建設重松建設

『非常識な建築業界』を読んで

設計室の多田です。

 

ゴールデンウィークが始まりましたね。ゴールデンウィークは弟に会いに福岡に行ってきます。久々の旅なので、少しワクワクしています。

 

さて、今回紹介する本は森山高至著『非常識な建築業界』です。

あらすじ…2015年に騒動となった新国立競技場問題に続き、再コンペで選ばれた案にコピペ疑惑が浮上、横浜の傾斜マンション事件が発生するなど、建築業界の威信を揺るがす問題が立て続けに起きている。しかし、これらは氷山の一角にすぎない。建築の現場で起きていることをみれば、今後も似たような問題が起きる可能性は十分にある。いったい、この業界の裏では何が起こっているのだろうか?

「どや顔」をした使いづらい公共施設で税金をムダにしないために、危険なマンションを買わないために、寿命の短い持ち家を建てないために——。知っておきたいこの業界の「非常識」な実態。

 

本書は、周囲の環境と全く調和しない、それ単体での成立を目指す彫刻のような建物を設計する表現建築家(筆者の造語)が日本社会をあらぬ方向に導こうとしていると警鐘を鳴らしています。

 

ちょうどこの頃の、ザハ氏が設計した新国立競技場の案が白紙に戻ったというニュースは私の記憶にも新しく、いったい何が起こっているのだと不思議に思いながら観ていました。

 

この頃は、まだ建築業界には入っていなかったのですが、素人目に妙な建物を建てようとしていたのだなと思わずにはいられませんでした。

 

ザハ氏のような前衛的な建築は観る者を圧倒する力があります。しかし、建築物を自分のことを表現するためのアートとして捉えるのは、少し違うのではないかと私も感じました。

 

専門知識を付けることはもちろん大切ですが、誰もが思いつくような一般常識的な感覚をよく理解して、設計をしていきたいなと思いました。

2022年04月29日本の紹介| 投稿者:重松建設重松建設
2022年7月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

ブログ内検索

お気軽にお問い合わせください

営業時間:9:00〜19:00(年中無休)